FC2ブログ
2018’07.15・Sun

あやしいパートナー

2018071401
2017年の作品 全20話 チ・チャンウク、ナム・ジヒョン出演
公式サイト http://culture-pub.jp/ayapa/
『この出会いは偶然?それとも必然?最低の関係から始まる、最高にキュートな運命の恋!』

昨日も書きましたが、このドラマは
主演のチ・チャンウクくんの魅力を「これでもか!」というほど
堪能するドラマでした!!!

これまでの彼のドラマはシリアスでアクション多めだったのですが
今回は彼の俳優人生初めてのラブコメということで雰囲気が全然違いました
ソフトな表情の彼が多くとても新鮮でした!
ラブラブ甘々な彼も多かったし、ヤキモチを焼いたり甘えたがりになったり・・・
初めて見る彼が山盛りでした!

とはいえ、彼は検事(途中弁護士)で連続殺人事件の犯人を追っているので
真剣な顔、厳しい顔、愛する人を守る顔など(ちょこっとですがアクションも)
彼の十八番のキリリとした凛々しい姿も見せてくれます

大ファンというわけではないですが、彼を見るたび
「なんてキレイな顔なの~ カッコいいわ~」と思う私にとっては
彼の七変化姿を見るだけでも十分に楽しめるドラマとなりました!


物語のほうは
「ラブコメ」と「連続殺人犯によるサスペンス」の2大柱により構成されています
いつもなら圧倒的に
「ラブコメ>サスペンス サスペンスなんて要らなかった~」
と嘆いている私ですが、なんと今回は
「ラブコメ<サスペンス ラブはなくても良かったかも!?」
なんて思ってしまいました(^^;;)

連続殺人と言っても、そこまで残虐&恐怖シーンが多くなく
犯人に対しても、ただ単に怒りや恐怖という感情でなかったのが良かったです
いつもなら犯人に対してはまったく興味を持てないのですが
今回は犯人役の俳優さんの演技&展開が良かったおかげで
「この人、どうなるのかしら?」と珍しく気になりました
とはいえ「連続殺人」なのでやはり残忍ではあるんですけどね(>_<)


チ・チャンウクくん演じるジウクの周りには、彼を助ける3人の男たちがいます
ジウクと彼らのブロマンスがすごくすごく良かったです!

少し前に見たドラマで恐ろしい役を演じていたチェ・テジュンくん
しばらく他のドラマは見れないかも~くらいにダメージを受けていたのですが
今回の彼はそのダメージを完全に払拭しました!
過去の出来事によってジウクからは嫌われているのですが
嫌われても嫌われてもジウクを慕う彼がとっても可愛かった~~~(^^)

安定の公務員を捨てジウクの事務所を手伝ってくれたパン事務長
ジウクのことはすべてお見通し!というくらい彼を理解してくれ
またジウクも心から信頼できる存在で、二人の関係にもすごく癒されました

そしてジウクの育ての父親役のイ・ドクファさん
この方、こんな役もされるんですね(◎_◎) と驚くようなキャラでした
他のドラマでは、ものすごーく悪い役、煮ても焼いても食えないくらいの悪役(^^;)
を演じられるドクファさんですが、今回はなんと息抜き(!?)担当でした
なんとも斬新な配役ですごく楽しかったです!


と、良いことの多いドラマでしたが、残念だったのはラブ&ヒロインキャラ

チ・チャンウクくんの甘い表情、キス前のキレイで色気のあるお顔などなど
きゃあ~~~ということも多かったのですが
残念なことにヒロインとの絡みには全然萌えられませんでした(ToT)
二人がお似合いに見えなかったのが原因かしら~

ヒロインを演じたナム・ジヒョンちゃん
「ショッピング王ルイ」や「家族なのにどうして」の時は
かなりお気に入りの女優さん&キャラだったのですが
今回は残念ながらキャラにも彼女自身にもあまり魅力を感じられませんでした(>_<)

今回彼女が演じたのは
「殺人の濡れ衣という逆境にも負けずに強く逞しく生きていく」というキャラ
キャラ自体は彼女にピッタリだったと思うのですが
私にはその逞しさが少し傍若無人なものに感じてしまったのが痛かったです

途中何度も「ん?」と違和感を感じてしまうような言動があり
共感できないどころか苦手意識まで感じるように
「まずい!まずい!何とか好きにならなくちゃーーー」と焦ったものの
とうとう最後まで「大好き!」とはなれず(;_;)
ヒロイン大好きになれないと、ラブにキュンは厳しいですね

彼女の髪型もずーっと気になってしまいました
彼女を見るたびに「もっとスッキリした髪型にはできないのかしら~」
気になって気になって仕方なかったです(>_<)

「ズボラで仕事に熱中すると身なりにも気を配らなくなる」
というキャラの特性を表現するためには、あの髪型も必要だったのかなとも思いますが
それでももうちょっとスッキリしてほしかった!!!


女性陣の中では、ヒロインと同期のジヘのキャラが好きでした
最初は「意地悪~ヒエ~」となりましたが、後になればなるほど魅力的なキャラに(^^)
「嫌いだから」なんて言いながら転がり込んできたヒロインに対しても
なんだかんだ言いながらも受け入れてあげたし
途中途中もなかなか鋭い一言が良かったです!


ラブとヒロインキャラは残念でしたが
チ・チャンウクくんの魅力とブロマンスで★は増えました(^^)

お気に入り度 ★★★★ (最高5)


スポンサーサイト

Categorieあやしいパートナー  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
tomoさん

連日おじゃまします。

わかります、わかります、このドラマの感想。
随分前に見終わっていたので詳しい内容は思い出せない(笑)
けど、ヒロインとドクファssiのことはすごく覚えてます。

ラブコメに必要なのはやっぱりヒロインの共感。
これがないとだめですよ。
俳優さんはマジックが起きることもあるとしてもヒロインは
共感できないとまったくはいりこめません。

弁護士らしからぬ風貌もだめで。弁護士ってもっと知的なイメージがあってもよかったのかなぁと。茶髪でもあのパーマヘアはだめです。ちっとも弁護士らしくみえなかったし。
すごくかわいい女優さんなのにほんと今回のドラマは残念です~

あとはイドクファssi。お茶目でしたよね。最近こういう役どころ多いですよ。最高の一発もお茶目な社長さんで。
悪役でないドクファssiなかなか好きです。
あ、たまには悪役してくれないとドラマもしまらないかな(笑)

チャンウク君も入隊してもう1年ですよね。
入隊機関も少し短くなってきてるし来年5月あたりにはもう除隊ですよね。
除隊したらますますの活躍が期待されますね。

今日はグンちゃん入隊しましたね。
韓流の一世代を築いてこられた方。ちょっとさみしいですが
あっという間に時間は過ぎそうですね。

今残っている20代俳優さん少ないですね~
ますますおじさん路線にいきそうな私です。




ふうちん:2018/07/16(月) 21:53 | URL | [編集]

ふうちんさん、連日ありがとうございます!

> わかります、わかります、このドラマの感想。
> 随分前に見終わっていたので詳しい内容は思い出せない(笑)
> けど、ヒロインとドクファssiのことはすごく覚えてます。

やはりふうちんさんも二人のことが印象に強く残っているんですね(^^)
二人ともそれまでのイメージとは大きく違ったからかもしれませんね!

> ラブコメに必要なのはやっぱりヒロインの共感。
> これがないとだめですよ。
> 俳優さんはマジックが起きることもあるとしてもヒロインは
> 共感できないとまったくはいりこめません。

たしかにたしかに!
男優さんにはマジック起きるけど、女優さんでマジックは私も記憶がありません
そしてヒロインへの共感、すごくすごく大事ですよね~
胸キュンは男性主役次第!と思いがちですが
実は実はヒロインが重要なポイントなのかもしれません!!

> 弁護士らしからぬ風貌もだめで。弁護士ってもっと知的なイメージがあってもよかったのかなぁと。茶髪でもあのパーマヘアはだめです。ちっとも弁護士らしくみえなかったし。
> すごくかわいい女優さんなのにほんと今回のドラマは残念です~

たしかに、もう少し知的なイメージがほしかったかも!
彼女から努力や根性という言葉は連想できても
そういうイメージからはかけ離れていましたよね(^^;)

> あとはイドクファssi。お茶目でしたよね。最近こういう役どころ多いですよ。最高の一発もお茶目な社長さんで。
> 悪役でないドクファssiなかなか好きです。
> あ、たまには悪役してくれないとドラマもしまらないかな(笑)

最高の一発でもお茶目なキャラなんですね~~~
それはこのドラマのお楽しみポイントがまた1つ増えました!
演技大賞のプレゼンターの時などコメントが面白いので
素のドクファssiは面白い方なのかも~と思ったことがあります
今後もこういう楽しいキャラが多くなると嬉しいです!
んでも、ラスボス的な悪役キャラはやはり彼にしか務まらないような気もします(^^;)

> チャンウク君も入隊してもう1年ですよね。
> 入隊機関も少し短くなってきてるし来年5月あたりにはもう除隊ですよね。
> 除隊したらますますの活躍が期待されますね。

私はずいぶん遅れてドラマを見るので
普段はあまり入隊を意識せずにすんでいるような気がします
現にチャンウクくんのドラマも最近立て続けに2本見たことだし・・・
が、これが入隊前最後のドラマだったので
今後しばらくは彼のドラマは見れないということですね
そう考えると、やはり活動できない期間があるというのは残念ですね(>_<)

> 今日はグンちゃん入隊しましたね。
> 韓流の一世代を築いてこられた方。ちょっとさみしいですが
> あっという間に時間は過ぎそうですね。
> 今残っている20代俳優さん少ないですね~
> ますますおじさん路線にいきそうな私です。

昨年から今年にかけて、主演級の俳優さんがたくさん入隊されていますよね!
にもかかわらず日々たくさんのドラマが無事に作られているんだから
ある意味スゴいことですよね!!
新生スターの登場も楽しみだし、おじさんたちに再びスポットが当たるのも楽しみです(^^)

tomo:2018/07/16(月) 23:12 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL