FC2ブログ
2018’07.10・Tue

名不虚伝(ミョンブルホジョン)

2018071001
2017年の作品 全16話 キム・ナムギル、キム・アジュン出演
公式サイト http://kandera.jp/sp/ishindenshin/

『朝鮮時代からやってきた鍼術の達人と現代のエリート女医が400年の時を超えて右往左往! ?
 運命の出会いが人生を変える、超史劇的タイムスリップ・ラブコメディ! 』

面白かったです!!!
何と言ってもコミカルなナムギルssiが私はとてもお気に入りでした

内容はというと・・・ なんとまたタイムスリップ(^^;)
それだけを聞くと「またかーーー」となりますが
毎回どこか新鮮なポイントを入れてくるので
見飽きた!とならないのが韓ドラのすごいところ
今回の新鮮ポイントは「二人で一緒にタイムスリップ」

まず最初のタイムスリップはこんな感じ
朝鮮時代の鍼術の達人ホ・イム(キム・ナムギル)
彼が王への鍼術に失敗し、矢を射られ川に落ち、目覚めると
400年後のソウルにタイムスリップしていた

タイムスリップした彼は、外科医ヨンジョン(キム・アジュン)と出会います
以降、何かと縁がある二人
タイムスリップも彼女と一緒にするようになります

他のドラマでは、男性が慣れない世界に驚くだけですが
今回はホームとアウェイが交互にやってくるというか
案内役と初心者(?)とが毎回入れ替わるので、そこがとても新鮮で面白かったです


400年後にタイムスリップし
見るもの聞くもの初めてなホ・イムがとにかく可笑しいです(^^)
戸惑い驚く姿や、少しずつ要領がわかりはしゃぐ姿が可笑しいけど可愛くて・・・

演じるナムギルさんが上手いんですよね~
彼と言えば「復讐&孤独で切ない男」だったのですが、今回はまったく別の姿です
こんなにもコミカルな演技が上手で似合うのか~と驚きでした

コミカルな彼を思いっきり堪能できる前半に対し
中盤くらいから、彼の十八番!と言ってもいいくらいの
切なく影を帯びたような眼差しも見せてくれます
切ない彼は安定の素晴らしさなのですが、ただ1つだけ残念なことがあって・・・

前半の彼のビジュアル(ヒゲ+長髪)が、私はものすごく好みだったのですが
切なくなった途端、ヒゲと長髪がなくなってしまったーーーーー(>_<)
しばらくはショックすぎて物語が入ってこなかったほどでした! って、どんだけ(^^;;)

と、ヒゲと長髪を失ったショックはあまりに大きかったのですが
それでも、今回のドラマは彼の魅力をすべて見せてくれたのでは!? と思うほど
様々な表情を見せてくれました!

最初にも書いた、400年後の世界に驚く姿、はしゃぐ姿に加え
ラブラブデートをする彼は可愛かったし
彼女のためにお弁当を作ったり尽くす姿も見られたし
彼女に甘える姿あり、妹分に対しては兄貴みたいな姿あり
おばあちゃんたちに対しては子供のような姿あり
苦悩する姿、切なく涙する姿、鍼術を施す時の真剣な姿
そんでもって、キスする時はやっぱりセクシーーーー(*^^*)
ホントにありとあらゆる姿を見せてくれたような気がします


一方、ヒロインを演じたキム・アジュンさん
彼女もすごく良かったです!!!
キレイでカッコよくて頼りがいがあるかと思えば守ってあげたくなるような可愛さもあって
スタイルもいいしほどよく色っぽくもあって・・・
足りないのはどこ?と言いたくなるくらい、いろいろ兼ね備えた女性でした
女医さん役もすごく似合っていたし、韓服姿もすごくキレイだったし
ナムギルさんともすごくお似合いでした~


漢方医学と西洋医学、朝鮮時代と現代などいろいろと違う二人ですが
互いに心に傷を抱いているなど共通点もあり
そんな二人が共に時間を過ごすうちに、互いに相手から影響を受け
医者としてどうあるべきか、自分はどう生きていくべきか
そういうものを見つけていく展開はすごく良かったです!

終盤はタイムスリップものにはつきものの
二人はハッピーエンドになれるのか? の切ない展開があり
行く末がすごく気になりました


全体的に素晴らしいドラマだったのですが
欲を言えば、もっと「そういうことだったのかーーー」と驚きたかったです(^^;)
たとえば、400年後にタイムスリップした理由とか
彼女も一緒にタイムスリップした理由とか
これ以上タイムスリップできない理由とか・・・
そういうものに、もっともっと唸らせるだけの説得力のある理由があると
もっと心に残るドラマになったかな~ とも思います

まっそれでも、今後見てない方に出会ったら
「面白かったよ~」と自信を持ってオススメする1本になりました(^^)


このドラマ、日本ではこちらの名前に変更されてDVDが発売されるようです
「医心伝心~脈あり!恋あり?~」

「名不虚伝(ミョンブルホジョン)」とは
名声に値する実力があること、という意味だそうです
ホ・イムの実力を思うと、このタイトルになったのも納得なのですが
私たちには馴染みがない言葉だし
「ミョンブルホジョン」という音もかなり覚えにくいので(私だけ!?)
今回の変更は仕方ないのかな~という気もしています

お気に入り度 ★★★★ (最高5)


スポンサーサイト

Categorie名不虚伝(ミョンブルホジョン)  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL