FC2ブログ
2018’06.26・Tue

黄金色の私の人生

2018062601
2017年の作品 全52話 パク・シフ、シン・ヘソン、チョン・ホジン出演

とても面白かったです!!!

序盤「進まない~」と嘆いていたのがウソのようにどっぷりハマってしまいました
10話までを見るのに3週間くらいかかったのですが
以降の42話はなんと3~4日で見てしまいました(^^;)

続きが気になる展開の連続で、しかも先がどうなるのか予想もできない
なのに話は複雑でもなくわかりやすく
なおかつ俳優さんたちの演技は素晴らしく、どんどんドラマにのめり込んでいきました
今日はここまでハマれた理由を書いてみたいと思います

ドラマのあらすじはこちらをご覧になってくださいm(__)m
http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=926


<気になることが多かった>

序盤、私が躓いてしまったのは
ヒロイン母のついた「ウソ」と、ヒロインの父に対する「厳しい言葉」に
激しくガッカリしてしまったからでした

が、このドラマの良いところは、展開がすごく早いこと
少しも停滞しません!次から次へと展開していきます
おかげでモヤモヤよりも気になることのほうがどんどん増えていきました!

「ウソ」がどのように明らかになっていくのかが気になり
明らかになってからは、ここから皆がどのように立ち直っていくのかが気になりました
貧しくても仲の良かったヒロイン家族もこの「ウソ」でバラバラになります
この家族はここからどうやって再生するのか? そこもすごく気になりました
ヒロイン母もヒロインも、自分の発した「ウソ」と「厳しい言葉」の代償がかえってきます
そのどん底からどんなふうに立ち直るのかも気になりました

主役二人の間に恋も芽生えますが、まったく順調ではありません
この恋の成就だけは絶対に不可能では? くらいに感じてしまっていたので
行方ももちろんすごくすごく気になりました


<ヒロインに共感できた>

今回はヒロインのほうが徹底的に恋を遠ざけようとします
実はこの展開、私の超苦手パターンです
しかし今回はヒロインの気持ちが痛いほど理解できたおかげで
「突き放す恋」なのにほぼストレスゼロでした!
これも激しくのめり込めた理由の1つだと思います

私がストレスを感じるのは
「自分といると相手のためにならないから」という理由で突き放すパターンなのですが
このドラマは突き放す理由が「自分が幸せになれないから」でした
しかも、もしも私がヒロインでも絶対に幸せにななれないと思う!と思っていたので
ヒロインが頑なに拒絶したくなる気持ちが痛いほどわかり
何度も「うんうん、わかる!わかる!私でもそうする!」と共感の嵐でした

序盤こそ簡単に貧しい親を捨て財閥を選んだヒロインに違和感を感じてしまいましたが
途中からは必死に頑張るヒロインに好感が持て
「頑張って」と応援の眼差しで見続けることができました

中盤、ヒロインが再び父親を拒絶する名シーンがあるのですが
彼女の「怒り」ではなく最大級の「申し訳なさ」から出た行為だと感じたので
ここはすんなり受け入れることができました

演じたシン・ヘソンさん、すごく良かったです!
彼女が演じたからこそ、このヒロインがさらにリアルで魅力的なものになったと思います


<父の深い愛に感動した>

このドラマでは、ヒロイン父がいかに子供たちを家族を愛しているか
そこを全52話に渡り深く深く描いていました

私自身、大好きだった父を幼い時に亡くした経験があるので
父性愛への憧れがきっと人一倍強いのだと思います
なので父を中心に描かれたホームドラマには本当に弱いです!
今回も父の深い愛に何度も胸が熱くなりました

家族に対し惜しみない愛を注いでいた父ですが、後半「卒業宣言」をします
その辺りの苦しさや寂しさもすごく理解できました

父親役を演じたチョン・ホジンさんが、素晴らしい演技をされるんですよね
これは演技大賞を受賞されるはずです!!
この父の姿を通じて、親ってやはり有難い! 家族っていい!
また改めて感じさせてもらいました


<夢や幸せについても考えさせられた>

親子愛、家族愛、男女の愛など、いろいろな「愛」を描いたドラマでしたが
同時に「夢」や「幸せ」についても考えさせてくれました

序盤、大企業に入り高い給料をもらうことが幸せだと考えていたヒロインでしたが
実は彼女の幸せはそんなところにはありませんでした
ヒロインだけでなくすべての主要キャラがドラマの最初と最後では表情がまったく違います
それぞれがいろいろな出来事を通してこれまでの生き方を見直し
本当の夢や幸せを見つけていくドラマでもありました

そして、その「夢」や「幸せ」も
人がうらやむような大成功をしなくても、実はもっと身近にたくさん存在しているんだ
そんなふうに思わせてくれるドラマで、私はそこも大のお気に入りです


<個性的なサブキャラさんも良かった>

一番のお気に入りは「パンやさん」
重苦しい展開が多い中、彼が登場するとホッと和みました
ドギョン秘書やシェアハウス経営者などの味方キャラにもずいぶん救われました
財閥組は今回も悪かったですね~(^^;)
ドギョン母と祖父には悩まされましたが、まぁドラマには必要枠なので仕方ないですね


<シフ様が最高に良かった!!!>

最後になりましたが、このドラマを面白く見れた最大の理由は彼だと思います
彼の演じる財閥の御曹司ドギョンがとてもとても魅力的でした!

序盤は、困った時に誰よりも頼りになる彼の存在は心強かったし
中盤、ヒロインを見て笑顔になる彼を見てると私も自然に笑顔になったし
後半、財閥を離れ「独り立ち」しようとする彼
どんなに妨害されてもへこたれない彼を見るのもホントに楽しかったです

が終盤、祖父が倒れ家に戻る彼を見た時だけは
あ~ やっぱり彼にも財閥の血が流れているのか~
財閥を捨てることだけはできなかったのか~ と、ちょっとガッカリしてしまいました

でも、最後まで見終えた今は彼の選択に納得できています
あれほどの大企業、もしも傾くことになんてなったら
それこそ社会経済にまで影響を及ぼしますよね!彼には立て直す義務があったんだ!と

最後の見守り続ける彼にもすごくすごく感動しました

辛い展開が多いドラマでしたが
彼の大らかさ、明るさ、おっとりした雰囲気にずいぶんと癒された気がします
私はこれまでシフ様のベストキャラは「逆転の女王」だと思っていたのですが
このドラマに変えようかしら~ くらいにお気に入りキャラです(^^)


このドラマの脚本を書かれたソ・ヒョンギョン さん
華麗なる遺産 検事プリンセス 私の期限は49日
いとしのソヨン TWO WEEKS 2度目の二十歳
と、彼女の作品は名作揃いなのですが、これまで私のお気に入り度は★4どまりでした
今回ついに満点ドラマの誕生です!

素晴らしいドラマに出会えてホントに幸せでした!
やっぱりホームドラマっていいな~~~\(^o^)/

お気に入り度 ★★★★★ (最高5)


スポンサーサイト

Categorie黄金色の私の人生  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL