FC2ブログ
2019’06.20・Thu

ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~

2019032601
2013年の作品 全48話 ペ・ジョンオク、チョン・ユミ、キム・ジソク、パク・ボゴム出演
公式サイト http://kandera.jp/sp/wonderful/
『セレブが貧乏に転落? ピンチに陥ったわがまま姉弟の運命は…
 逆境と戦うヒロインを描くミラクル・サクセス・ラブコメディー』

かなりイライラもしたのですが
明るいシーンも多く、内容も難しくなかったので
この2ヶ月間、毎日コツコツと見続けることができました

見る前は「裕福なワガママ3姉弟」にイライラさせられるんだろうな~と
覚悟していたのですが、嬉しいことにこの3姉弟
呆れはするけどイライラはほとんどありませんでした(^^)

母親のお金をあてにしやりたい放題でホントに困った3姉弟なのですが
基本は素直で純粋なんですよね~
序盤の感想にも書きましたが
彼らには他人を陥れようだとかズルイことをしようだとかの悪意はなく
むしろ悪意ある周囲にまんまと騙され利用されているような情けない状況(^^;)
「ダメだな~ この姉弟のお母さんは大変だな~」とは思うものの
なんだかそのダメさも憎めない感じでした

こんな彼らがある日突然、母親から突き放されしまいます
アタフタする様子は可笑しかったし
彼らがここからどんなふうに成長していくのか?母が願う「真人間」になれるのか?
そこにもとても興味が湧きました

3姉弟の母ボッキさんには生き別れの息子がいるのですが
彼の正体がなかなかハッキリしません
それらしい人が二人いて、あっちかしら?それともこっち?
予想するのも楽しかったです


買い物三昧だった長女ヨンチェ
彼女がこんなにも頑張り屋で仕事もできるなんて驚きでした
演じるチョン・ユミさんがとても可愛らしく演じていて
途中からは彼女のシーンはとても気持ちよく見ることができました

長男ヨンス
最初はあまりにコロッと騙され、なんて情けない・・・ と思ってしまいましたが
ダジョン親子の出現でグングン頼りがいのある頼もしい男性へと変身していきました
演じたキム・ジソクさん、情けない男役がすごく上手かった~(^^;)

末っ子ヨンジュン
演じたボゴムくん、愛嬌ある末っ子演技が板についていて驚きました
他のドラマやバラエティ番組でも見たことのない姿で
そのカメレオンぶり!?七変化ぶり!?に、さすがだな~と感心でした


母ウノク、息子ジャンホ、娘スジン、秘書ナンヒにはホントに困らされましたが
一番、そして最後まで悪かったのは母ウノク
嫉妬のあまり人の赤ちゃんを奪っておきながら反省もないなんて・・・
もうそれだけでも許せないのですが、その後もことごとく頭にくる言動の数々
何事も人のせいにする彼女
幸せになれないのも当然だわ!と思いながら見ていました
彼女が頑張ったからドラマは盛り上がったのだと思うけど、私としては
ここまで憎らしい人を登場させなくても良かったのにな~と思ってしまいます

地味に毎回ストレスだったのは、フンナムの家で同居していたジョムスン
子役ちゃんは可愛かったのだけど、母親がイヤでイヤで
ストーリーにほとんど関係なかったこともあり
この家族のシーンはほぼ早送りですっ飛ばしてしまいました(>_<)

母ボッキさんの忠実で頼りになる秘書ドンス
かなりのお気に入りだったのですが、終盤はなかなか姿を見れなくて残念でした


録画ラッシュの今、平日毎日1時間半の録画はちょっとプレッシャーでもありました
毎日の日課がなくなり寂しさもある反面、ホッともしています(^^;)

気に入り度 ★★★ (最高★5)


スポンサーサイト

Categorieワンダフル・ラブ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’06.18・Tue

偉大な誘惑者

2019042602
2018年の作品 全16話 ウ・ドファン、ジョイ(Red Velvet)出演
『危険で予測不可能な甘い恋愛ゲームの罠に堕ちてゆく若者たちを描いたラブロマンス!』

苦手そうな内容なので、序盤だけ見てリタイアするつもりだったのですが
主演のウ・ドファンくんの眼差しにハマリやめられなくなりました
残念ながら終盤に近付くにつれお気に入り度★は急激に少なくなってしまいましたが
それでも先は気になり、気づけば全16話あっという間に見終わってしまいました


苦手そうに感じてしまったのは、このドラマで描かれる恋
「ゲーム感覚である女性を誘惑し、相手が本気になったところで捨てるつもりが
いつしか本気になってしまった・・・」
相手を騙すという設定が、私はすごく苦手です(>_<)
(関係ないけどバラエティのドッキリ番組も苦手です)

主役は御曹司シヒョン(ウ・ドファン)
同じように裕福なスジ(ムン・ガヨン)、セジュ(キム・ミンジェ)
の幼なじみとつるんで退廃的な生活を送っています
そんな中、スジの復讐のために真面目な学生テヒ(ジョイ)を誘惑することになります

シヒョンはあの手この手でテヒにアプローチするのですが
演じるウ・ドファンくんの誘惑演技がなかなかいいんです
その後、仕掛けるはずのシヒョンが本気になってしまうのですが
その辺りの微妙な変化もドファンくんが上手くて上手くて・・・
彼の眼差しに感じる切なさと色気が、見事に私のツボにピタッ!
おかげで前半は予想外に面白く見れました


このドラマ、中心となるのは若者なのですが、同時に
親たちの因縁や欲望、恋も描かれています
後半は親たちの問題がシヒョンたちにも影響し、ぐーっと辛く切ない展開が多くなります
さらには強い絆で結ばれていると思っていたシヒョン・スジ・セジュ3人の友情も
一気にドロドロしてきます
当然ながら「騙して近づいた」という事実も暗いカゲを落としてきます
終盤は超苦手な暴力的な展開が加わったこともあり
終わりに近づくにつれ、、そこまでする?言う?と思う展開の連続で
進めば進むほど登場人物たちを嫌いになってしまいそうな
私の好みとは大きくかけ離れた残念な展開になってしまいました

まぁでも、こういう展開はまったく予想できなかったので
そういう意味では視聴意欲を掻き立てられ、次から次へと見れたような気がします


ウ・ドファンくんのドラマはこれまでもいくつか見てきました
その度に印象に残る演技を見せてくれましたが
今回の切ない恋を演じる彼もすごく良かったです!
そして、キスシーンも良かった\(^o^)/良かった\(^o^)/良かった\(^o^)/
韓国での視聴率はイマイチだったようですが
ウ・ドファンくん、これに懲りずに
ぜひまたラブストーリーの主役を演じてくださいね(*^^*)

前半★3~4、後半★2、終盤★1ですが
ドファンくんの演技でプラス1

お気に入り度 ★★★ (最高★5)


Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2019’06.17・Mon

私のIDはカンナム美人

2019032605
2018年の作品 全16話 イム・スヒャン、チャ・ウヌ出演
『美人に生まれ変わってバラ色の人生が始まる…! ?
美容整形で美しさを手に入れた主人公の人生大改造ストーリーを描いた成長ラブコメディ』

脚本は大好きな「ずる賢いバツイチの恋」「一抹の純情」を書かれた方
大学を舞台にしたラブコメも大好きな分野で
おまけに主役はチョ~イケメンらしい!
で、少し期待しすぎてしまったみたい(^^;)
残念ながら私のツボとは微妙にズレてしまったようで
どっぷりハマる~とか、胸キュンの嵐!とまではいきませんでした
それでも全16話サクッと見終えることができました!


容姿のことでイジメられコンプレックスを持っていたヒロインは
大学入学を機に美容整形をし、別人に生まれ変わります
人も羨むような美人になったヒロインですが
そう簡単にはコンプレックスから抜け出せず、相変わらず自信を持てないでいます

こんなヒロインのことを好きになる男性が現れます
その男性ギョンソクを演じるのが
韓国で「顔の天才」なんて言われているチャ・ウヌくん

今回、あの角度、この角度、いろいろなところから見せていただきましたが
こんなに整った顔の人もいるの? ホントに同じ人間かしら?
なんて思ってしまうほどにとにかくキレイなお顔で
彼が画面に映し出されると、まさに「クギ付け」
お人形さんのように美しい彼の顔からまったく目が離せなくなりました
「顔の天才」決して大げさではありませんでした(^^)

彼の演じたキャラがまた素晴らしいんです!
誰もが振り返るような美男子なのに、周りの女子たちには一切目もくれず
彼の眼中にあるのは、思いを寄せるヒロインただ一人
微笑みかけたり優しくするのもヒロインだけ
そんな彼女がピンチになるとどこからともなく颯爽と駆け付け、彼女を助ける
キレイな女性たちからあの手この手でグイグイ言い寄られても鉄壁のガード
これ以上求めることはないでしょ!くらいにステキ男子でした
おまけですが、彼の好みも良かったですよね~
美人は嫌いだって!(ヒロインのことも実は整形前から気に入っていた)
関係ないのに何だか明るい希望を感じた私でした(^^;)

ホントに完璧なギョンソクなのですが、終始、究極のポーカーフェイスなんですよね
私は、バレバレですよ~くらに気持ちが表情にモレ出てしまう人の方が断然好みなので
そこだけ「惜しい!」と思ってしまいました


ヒロインのミレを演じたのはイム・スヒャンさん
演技上手な彼女なので
大学入学の初々しさや自信なさげな雰囲気もバッチリだったのですが
残念ながら私は、彼女が大学1年生という設定に
かなり終盤まで違和感を感じ続けてしまいました(>_<)
というのも、昨年彼女主演のドラマを見たのですが
その時はシングルマザーの警察官役だったんです
全120話のそのドラマを半年以上かけてコツコツ見たため
私の中ではそのイメージが強く強く残っており
結果、抜けるまでにかなり時間がかかってしまいました

ヒロインのキャラにも少しもどかしさを感じてしまいました
彼女がとにかく自信を持てないんです(>_<)
昔のトラウマがあるので、それも十分に理解はできるし
もしも彼女が自信を持ってしまったら、そこでドラマはジエンドなので
まぁ仕方ないことではあるのですけどね


ヒロインのライバル的存在の女性スアも登場するのですが
このスアが私にはかなりのストレスでした
一見優しそうだけど実は意地悪
見るからに意地悪な人も困りますが、こういうタイプもイヤですね~(>_<)
彼女にもしっかりとした背景があり、ドラマとしては見ごたえがあったと思うのですが
私は、見ごたえがなくてもいいから
「ホントに優しい人がいい~」と思ってしまいました(^^;)

天然美人なスアは、周りの男子たちに愛想を振りまき
振りまかれた男子たちは見事にコロッ!と騙されてしまいます
このコロッといく男子たちが、ホントにいいとこなしなんです
女子たちを露骨に外見だけで判断し、内面の素晴らしさには一向に目もくれない
あの先輩だけは内面の美しさに気づいてるのか~
と嬉しく思っていた人までもが簡単にコロッ!でガクッ(>_<)
ここまでヒドイ男子たちにする必要ある!? と嘆きたくなるほどでした(ToT)
まぁそれもこれも
主役のウヌくんをひたすらに引き立てるためだったとは思うのですけどね


このドラマの中で最も共感できたのは、ヒロインの両親です
我が子が容姿で死ぬほど苦しんでいたとしたら
産んだ母親はその子以上に苦しい思いをするだろうし
自分の知らない間に整形し、ある日突然
別人のような顔になった我が子と対面した父親の心境を思うと
たまらなく切ない気持ちになりました
「せめて別れくらい言いたかった」という父親に「そうだよね~;_;」と共感の嵐でした


容姿はとても重要な要素だけど
(現に私も「きゃ~イケメン!」なんてしょっちゅう騒いでるし^^;)
でも、当然のことながら何より大事なものは絶対に「心」
もしも今回、超美男子ウヌくんが、あのダメな「コロッと男子」を演じていたら
きっとまったくカッコよくは見えなかったと思うんですよね
(いや、イケメンなのに勿体ない!くらいは思ったかな^^;)

本人が幸せになれるのならば、整形もいいと思うけれど
どうしたって顔に滲み出てきて、その人の印象を大きく変えることになる「心」
これはお金をかけずに変えることができる(できると信じたい!)
私のシワやシミやタルミ、クスミ(後は何!?)も
心でカバーできるかな~ ガンバロッ!!!(^^;;)

お気に入り度 ★★★ (最高★5)


Categorie私のIDはカンナム美人  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2019’06.15・Sat

ライブ~君こそが生きる理由~

2019061501
2018年の作品 全26話(BS版) チョン・ユミ、イ・グァンス出演
公式サイト http://klockworx-asia.com/live/
『「大丈夫、愛だ」の演出・脚本家が贈る、リアルな人間ドラマを描いた感動作』

とても見応えのあるドラマでした!!!

韓国国内で最も忙しいと言われる「ホンイル交番」を舞台に
そこで働く警察官たちに焦点を当てたドラマ

先日も書きましたが、このドラマは交番が舞台となっているのが新鮮です
私の中で「警察が出てくるドラマ」と言えば
ひとりのヒーロー的存在の刑事中心となり、凶悪事件を解決するイメージですが
今回は今まで見てきたものとは一味も二味も違うものでした

舞台が交番なので、酔っ払いの世話から傷害や殺人など様々な事が発生します
その解決の過程を描くと同時に警察官ひとりひとりの物語も上手に絡められていて
とても見応えのあるドラマになっていました
絶対的なヒーローがいるわけでなく、交番の皆で力を合わせて
という展開もすごく良かったです

交番の警察官たちの強い絆は本当に感動的でした
地区隊長をはじめとし、定年を前ににした大ベテランの警察官から新人まで
様々な立場の警察官がいるわけですが、彼らが皆、仲間を大切にしているんです
彼らの支え合い助け合う姿に何度となく胸を熱くさせてもらいました
途中、悲惨な事件が起こったり理不尽な展開があったりして
気分が重く暗くなることもありましたが
そんな時も彼らの温かい絆に励まされ見続けることができたような気がします


と、全体的にはとても面白く見れたのですが
2点だけ、ちょっと残念に思ったところがありました

①理不尽さ
日々現場で懸命に頑張っている警察官が
理不尽な思いをすることが多かったことがとても残念でした
命を懸けて必死に市民を守っていても
理不尽に訴えられたり、理不尽に処分されたり
生きるか死ぬかのギリギリの戦いをしている彼らにマニュアルを強要したり・・・
最前線で戦う彼らよりも自身の身を案ずるかのような人たちに対し
怒りというか、虚しさというか、何とも言えない重く残念な気持ちになりました

②新人さんたち(特にサンス^^;)
大きな事件を担当したがったり、ついつい調子に乗ってしまったり
自分のことしか考えていない言動が多く
そういう場面を見るたびに残念に思ってしまいました
まぁでも、こんな姿を見ていたからこそ
少しずつ成長していく姿に感動もできたんですよね

(特にサンス^^;)の部分です
これは前回も書きましたが、私が応援している恋を彼がとにかく邪魔するんです
「もー邪魔しないで!」と何度思ったことか(^^;)
途中彼の胸キュンシーンもあるのですが、思わず私
「ギャーーー」と悲鳴が出てしまいました(サンスよ、ごめん!)
韓ドラ胸キュンシーンで悲鳴が出たのは初めてかも!? ハハハ
このサンスをもう少し好きになれていたら
もっとドラマを楽しめていただろうに・・・ あ~残念(;_;)


他のキャラについても少しずつ(ネタバレあります)

ジョンオ
演じたチョン・ユミさん、大好きな女優さんです
今回もすごく良かったです
あんな大きな傷を背負っていたとは思いもよりませんでした
が、言われてみれば序盤から、何かカゲを感じさせる雰囲気があった気がします
こういう役も上手いな~ チョン・ユミさん!!!

ヤンチョン
演じたペ・ソンウさん、映画ではちょこちょこお見掛けしたことがありますが
ドラマは初めて!
最初、警察学校で見た時は「苦手やわ」と思ってしまったのですが
終わってみれば彼がものすごく良かったです!!!
彼が娘に言うセリフ、最終話の「使命感が~」のセリフ
どちらも胸を打ついいシーンでした

地区隊長
この隊長、部下思いの温かいキャラでしたが
ソン・ドンイルさんが演じてくれたおかげで
ホッとできる癒し効果が倍増した気がします
益々大好きな俳優さんです!!!

定年間近のサムボ
この方のエピソードも好きでした
若いキャラだけでは出ない、重みというか深み!?みたいなものを感じました
彼の第2の人生の選択は 「そっちでしたか~ でもお似合いです」ですね(^^)
演じたイ・オルさん、私は初めてのような気がします
知らない俳優さんは若い人だけではないんだ!という衝撃もありました

第1チーム長ギョンモ
あの俳優さんが演じるものだから、もしや悪い人!?
なんて最初は緊張してしまいました(^^;)
全然そんなことはなかった~ 申し訳ない!

ナミル
イ・シオンさんが演じたおかげで、より個性的なキャラになった気がします
最初はどんだけ怠け者かと思っていたのに、まさかそんな苦労があったとはーーー
実は彼もすごく大変だったんですね(;_;)

ミョンホ
演じたシン・ドンウクさんのソフトで紳士的な雰囲気がとても好きでした
彼にはもっともっと、いろんな意味で活躍してほしかった!!!!!
(こっちよりあっちを選ぶなんて、到底私は信じられない!^^;;)

ヤンチョン父
演じたイ・スンジェさん、さすが大ベテランだけありますね!
今回セリフはそう多くないのに、その動きや表情だけで
彼の苦悩や愛情をすごく感じることができました
年老いた父親が息子のために食事を用意する姿にはジーンとしたし
大怪我をした息子を静かに見守る姿には涙が溢れてきました
やはりスゴイ俳優さんです


最後に改めて
警察官ってホントに大変な職業ですね
それを見守る家族も大変
「警察官なんてやめて!」と言いたくなる親の気持ちは痛いほど共感できました
彼らのおかげで私たちは安心して暮らしていけるんですよね
今一度深く感謝したくなるドラマでした

お気に入り度 ★★★★ (最高★5)


Categorieライブ~君こそが生きる理由~  トラックバック(0) コメント(3) TOP

2019’06.13・Thu

黒騎士~永遠の約束~

2019042402
2017年の作品 全20話 キム・レウォン、シン・セギョン出演
公式サイト http://kandera.jp/sp/kurokishi/
『とろけるほど甘い言葉が、あなたのハートを包み込む!
一途に想い続ける懸命な愛に、ピュアな初恋のトキメキが溢れ出す、
究極の純愛大型ラブストーリー』

見終わった直後に思ったのは 「ん~~~ どういうこと???」
これがいい!と思われる方ももちろんいらっしゃると思いますが
私が望んでいたエンディングとは大きく違ってしまいました

韓国での視聴率はなかなか良かったようですが
私は最終回を含め、不満多めの感想になってしまいましたm(__)m


物語の軸になるのは
前世で相思相愛ながらも悲運の最期を遂げた二人が
今世で幸せになれるのかどうか

主役の二人にハマれるとかなり面白く見れると思うのですが
残念ながら私はまったくハマれず(理由は後程)
二人のラブストーリーの他にも、二人の父親に関する真実や
再開発か?保存か?の攻防もあったのですが
こちらにもまったくハマれず
「ここまでハマれないとリタイアもよぎるレベル」
というほどハマれなかったのですが
今回は有難いことにサブキャラさんにすごく気になる方がいました

それは二人の幸せを徹底的に邪魔する女性シャロン
いつもならこういう邪魔するキャラは大の苦手なのですが
今回は演じた女優さんが、少し前に見たドラマで好印象だったソ・ジヘさんで
シャロンというキャラも、ちょっと天然なオトボケが入ったキャラで
ただただ憎いだけ!という存在ではありませんでした
(と言っても、過去の彼女が犯した罪はあまりにも大きいのですが>_<)

このシャロン、ある事情から不老不死の体質になってしまい
200年以上の長きに渡り、ひとりの男性(スホ)との再会だけを望み生きています
「愛」というよりは「執着」に生きている彼女
他のドラマの執着女もスゴイですけど、今回は200年以上も思い続けているわけなので
年季の入り方が違うといいますか、とにかく筋金入りの「執着度」(^^;)

私が一番気になったのは、200年以上も思い続けた彼女が
どんな展開になるとスホを諦められるのかしら~ ということ
ひとえにシャロンの行く末を知りたくて全20話を頑張りました

「なるほどそうきたか~ スッキリ!」
と感動&納得するようなシャロンの結末を待ち望んでいたのですが
ん~~~残念ながら感動も納得もできず(>_<)

その理由は重要なネタバレになってしまうので
今日はその前にお気に入り度を

途中まで★2、 最終話★1
なので

お気に入り度 ★★ (最高★5)



以下ネタバレです
これからご覧になる予定の方はご注意くださいませm(__)m























・なぜ主役の恋に夢中になれなかったか?

今回キム・レウォンさんが演じたスホは、愛をストレートに表現する男性でした
長い間ひたすらに待ち望んだヒロインとの再会だったのだから
さぞかし募る思いもあったのだと思います
そう思うと出会った直後から甘い言葉を連発したくなる彼の気持ちも理解できるのですが
ただ、彼の待ち望む姿は、映像としてはほんの数分しか見せてくれないんですよね
もしも「会えない切なさ」に共感できる構成ならば
彼の甘い言葉にもう少しときめいたかもしれないのですが・・・
あっでも、元々私は「愛をストレートに表現する男」はツボではないので
それでもやっぱり厳しかったかな~
ちなみに私のツボは「少しもどかしさを感じるくらいの人」
が、今回のスホはもどかしさとは無縁の男性でした(^^;)

ヒロインが彼を好きになる過程も私には突然に感じてしまいました
もしもヒロインと一緒にドキドキ感を味わえたなら
きっともっと楽しくドラマを見れただろうと思います



・シャロンの結末について

終盤、シャロンの作った洋服をスホが燃やした時に
シャロンはついに跡形もなく消滅してしまうのですが
何でかしら???
私は説得力が足りないように感じてしまいました
彼女の老化が始まったタイミングも私はいまいちスッキリとはしませんでした
例えば、ドラマ「トッケビ」の体に刺さった剣を抜いたら終わり!みたいに
彼女が不老不死になった時点で、「それが終わる条件」を明確にしていたなら
ドラマはもっと面白くなったのではないかと思います
もしも終わる条件が「命を削って作った洋服を拒否された時」なんてことだったら
スホに燃やされてジエンドも納得ができたんだけどな~

それにしても、シャロン
あの手この手でスホにすり寄ろうとするのですが
毎回けんもほろろに拒絶されてました
過去の悪事を思うと、もちろん私もそれでスッキリしたわけですが
200年以上も思い続けたことを思うと、せめて一度くらいは
ハグくらいはさせてあげたかったな~という思いも湧いてきます

相手に受け入れられる思いを長い間持ち続けた場合は「一途」となりますが
相手に受け入れられない場合は悲しいことに「執着」となってしまうんですね(>_<)



・終わり方について

一番納得できないのは、スホが不老不死になった意味
ヘラが願いを込めたというけど、あれって特別なことではなく誰もが願うことのような気がするので
私としてはちょっと説得力に欠けた気がしました
あっでも、シャロンの不老不死もヘラの呪いによるもの
もしやヘラの願いは、宇宙の摂理をも変える強力なパワーを持っているということ?
ならば一番人間離れしていたのは、実はヘラということかしら
って、それは飛躍しすぎ?(^^;)

シャロンが指輪を小刀に変えた理由も私はイマイチ納得できず
何で変えたのかしら???
例えば童話「人魚姫」のように
この刀で相手を刺せば別れさせられる、なんて設定があれば説得力もあったんだけどな~

結末は視聴者に委ねる終わり方でした
終わった直後は「?」だらけになってしまいましたが、冷静になって考えてみると
大きくはこの二択だったということかしら!?
ヘラが亡くなりスホと別れたということは、スホの不老不死は終わりを告げたのか?
それともまだ終わらず、ヘラが生まれ変わるのを一人でじっと待つのか?

思い入れの強いドラマならば
「こっちであって欲しい~~~」と強く思うのですが
今回は二人の物語にはまったくハマっていないこともあり、特に希望はありません(^^;)
ただ、もしも後者になって不老不死に終わりがこなければ
特に大きな罪を犯したわけでもないスホがただただお気の毒すぎる気がします


と、腑に落ちないことばかりになってしまいましたが
お気に入り度が★2のドラマで、ここまで長々と書きたくなるドラマも珍しいので
そういう意味ではとても記憶に残るドラマになりそうです(^^)


Categorie黒騎士  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack