2017’08.16・Wed

短編 彼女を探して

2017081601
2016年の作品 全2話 キム・ジフン、イ・ヒョンジェ、ヒョンウォン(MONSTA X)、オ・ハヨン(Apink)出演

『オランダ人の青年が一目ぼれした彼女を探しに
 韓国の梨泰院(イテウォン)にやってきた事から巻き起こるラブコメディー』

ラブは少なめでコメディ色の強いドラマでした!

そういうドラマはかなり好きなのですが
このドラマは残念ながら私のツボではなかったようで
全2話トータル1時間半くらいのドラマなのに
途中何度も寝てしまったり集中できなかったりして
完走までに3~4日かかってしまいました(^^;)

見どころは、オランダ人の青年が一目ぼれした彼女を探せるかどうか

この彼女、名前もわからず、手掛かりは梨泰院(イテウォン)とブレスレットだけ
それだけの情報でどうやって見つけるの???

という部分は興味深かったのですが
彼女探しとは関係なさそうなストーリーもたくさんあって(^^;)

たとえば
兄貴分みたいなジョンナム(キム・ジフン)が謎めいた男イクス(ヒョンウォン)に
やたらと対抗するエピソードとか

ここを面白い!と感じられたなら、もっとこのドラマを楽しめたと思うのですが
残念ながら私は、皆よりも年上のジョンナムにはもう少し頼れる存在であってほしい! 
と思いながら見続けてしまいました(>_<)

とはいえ、頭から噴水のように水を出したりと
キム・ジフンssi、他の誰よりもコミカルな演技を頑張っておられて
ベテランなのにスゴイな~と思いました(^^)

肝心の「探していた彼女」ですが、意外な結末で「えっ!?」となりました


視聴後に知ったのですが、このドラマは
韓国語学習ドラマとして全世界100ヶ国で放送されたのだとか
そういう目的で作られたドラマだったから
いつも見ているドラマとは少し雰囲気が違うように感じ、集中できなかったのかもしれません

お気に入り度 ★★ (最高5)


スポンサーサイト

Categorie短編ドラマ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’08.15・Tue

むやみに切なく

2017052601
2016年の作品 全20話 キム・ウビン、スジ出演
公式サイト http://kandera.jp/sp/setsunaku/

ドラマタイトルと、脚本が「ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒさんということで
見る前から、そーとー切ないのね! と覚悟していたつもりでしたが
私の予想の遥か上をいく切なさでした


主役のジュニョン(キム・ウビン)が余命わずか
この設定だけでも切ないのですが、彼には他にもいろいろな切なさが(>_<)

実の父親を前にしても息子と名乗れず
尊敬し目標にしていた実父の真の姿は思い描いていたものとは正反対で
母の夢とは違う道を選んだために母からは拒絶されてしまい
さらには、大切な人を事故に合わせてしまった過去もあり
実父の悪行が愛する女性を苦しめ続けている・・・

改めて書き出してみると、ジュニョンの人生、ホントに切ない(;_;)
途中何度も、ここまで切ない設定 必要ですか??? と思ってしまいました


ヒロインのウル(スジ)も負けずに切ないです

父親をひき逃げ事故で亡くし、真犯人を必死に探そうとするが
警察にも誰にも相手にしてもらえない
権力者の娘である真犯人は、罪悪感も感じずのうのうと生きている
本来は情の深い優しい女の子だったウルも
借金取りに追われる生活のために、今では金の亡者のような人になってしまっている(>_<)

もう一人、2番手ジテも親の悪行に苦しみ続けた切ないキャラでした


とはいえ、序盤は切ない設定の中にも楽しい瞬間もたくさんあって
まだ楽しく見ていました

序盤は冷たくワガママでちょっと怖い印象のジュニョンでしたが
学生時代や、ウルと再会し少しずつ距離が縮まる辺りは
笑顔も多く、なんかいい感じ~
時には ハッ!とするほどカッコいい瞬間もあり
このドラマ、思ってたよりも楽しいかも~ と感じていたのですが

途中から、愛するがゆえに遠ざける!しかも、徹底的に遠ざける!
という、切なさMAXな超苦手の展開になり
テンションがダダーッと下がってしまいました(>_<)


後半は二人の恋の進展よりも、真犯人とあの母とこの父をどのように追い詰めるのか
ここだけを頼りに見ていた気がします

何とか証拠をかき集め、それをバン!と突きつけ追い詰めるのかと思ってたのですが
このドラマは少し違いました

証拠を手にしたウルの選択はかなり意外でした!
愛する人の父親だから信じたかったのかしら
それとも、彼女の中では、復讐にもうそれほどの価値を見出してはいなかったのかしら

結果的に、追い詰められて、ではなく事件が解決したことが
ジュニョンには最高の『はなむけ』になったような気がします

私としても、この展開のおかげで★1つ増えました
ジュニョン母子にとって、サイテーの父親でなくてホントにホントに良かったです!!!


そしてジテ母
この方、最初はすごく可愛らしく見えたんです
なので、あ~夫の悪行や隠し子のことも何も知らないのね、可哀想に・・・
なんて思ってしまっていたのですが、全然違いました!
真の姿は、夫に以上に酷い人でした~~~(ToT)
息子を傷つけてまでも夫を成功させたいなんて
驚くべき『母性<欲』
この母のおかげで、息子ジテの切なさもワンランクUPした気がします


主役を演じたウビンくんが、現在闘病中というのも
さらに私の心を切なくさせました
病の話になるたびに、そのことが何度もよぎりました
ただ、ドラマの中で病に苦しむ姿があまり多くなかったのは救いでした

ウビンくんの復活を心から応援しています!!!!!

お気に入り度 ★★★ (最高5)


Categorieむやみに切なく  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’08.14・Mon

更新情報 2017/08/14 と ドラマタイトル

2017 ドラマランキング に
5位 ディア・マイ・フレンズ  28位 思いっきりハイキック! を追加しました

「ディア・マイ・フレンズ」
もっと若い頃に見ていたら、もしかしたら満点にはしなかったかもしれませんが
もうすぐ50代の今だからこそここまで胸に響いたのかもしれません
このドラマ、今実家の母も見ているようですが、70代の母はどんなふうに感じるのかしら
感想を聞くのが楽しみです!

「思いっきりハイキック!」
見ている間はそこまでハマっているつもりはなかったのですが
この4ヶ月近く毎日のように見ていたので、終わってしまい少し寂しく感じています
★4くらいにしても良かったかな~
ということで、★3のトップです(^^)


お盆で何かと忙しいですが、ドラマもしっかり見ています
昨日今日と「むやみに切なく」を見ましたが
このドラマ、そのタイトル通り、ホントに切ないですね(;_;)

改めて「むやみ」の意味を調べてみたら
「物事の状態が度を超えて甚だしいさま」とありました!

ホント!ホント! このドラマは度を超えた切なさだわ~~~(ToT)

最近のドラマタイトルには、ちょっと納得いかない、と思うものもあるのですが
このドラマはピッタリです!
他のドラマもこのドラマのようにピッタリのタイトルをつけてくれるといいのにな~

最近の中で うーん! と思ってしまったのは 「応答せよ1988」の邦題
恋のスケッチ~応答せよ1988~

まだ序盤しか見ていませんが
恋のスケッチという言葉の持つ雰囲気とは大きく異なる気がします(^^;)

前作も前々作も「応答せよ~」だったのだから、私は今回もそれだけで良かったと思うんです
なぜに「恋のスケッチ」が前にくっついちゃったのかしら???
せめて「応答せよ1988~恋のスケッチ~」にしてほしかった!

というのも、「恋のスケッチ」が前にくっついてしまうと
ドラマをあいうえお順に並べた時
応答せよシリーズの3作が並ばなくなってしまう~~~(>_<)

って、こんなことが気になってるのは私くらいかしら(^^;)


Categorie2017年ランキング更新情報  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2017’08.12・Sat

映画 ただ君だけ

2017081201
2011年の作品 ソ・ジソブ、ハン・ヒョジュ出演

以前コメでオススメしていただいていたこの映画
いつか絶対に見たい!と思っていたのですが、ついに見ることができました\(^o^)/
とにかく主役の二人が素敵な、純愛ストーリーでした!!!


最近のドラマで出会うジソブは、社長だったりカリスマトレーナーだったりと
お金やその他いろいろを持ってる役が多く
私もスッカリそちらの雰囲気に慣れてしまっていましたが

映画が始まってすぐに、すごく懐かしく感じました
「そうだった! この人、こんな切ない役がすごく似合う俳優さんだったんだ!!」


暗い過去を持ち心を閉ざして生きているチョルミン(ソ・ジソブ)
何の希望も夢も持たず、ただ惰性で生きているような人
そんな真っ暗闇の中を生きているような彼に、ある日一筋の光が差します

その光とは
目が不自由ながらもたったひとりで明るく生きているジョンファ(ハン・ヒョジュ)との出会い

明るい彼女と接するうちに、少しずつ少しずつ彼女に心を開いていくチョルミン
やがて彼女を愛するようになるのですが
その愛のおかげで、彼が生きることに前向きになっていくんです!
そんな彼を見るのがホントに嬉しかった!!!

ジョンファのほうも、ひとりで逞しく生きているけれど
そこにもやはり悲しみや苦しみはあって・・・
そんな彼女にとっても、ジョンファの存在はものすごく大きくて

二人が一緒にいることで足りない部分を補い合うことができ
で、一緒にいる時の二人はこの上なく幸せそう

そんでまた、その時の幸せそうな姿が
これまで見た映画の中でもトップクラス!というほど素敵なんです
ジソブはカッコいいし、ヒロインのヒョジュちゃんもすんごく可愛い!
暖かな陽が差し込むような映像もステキで
ホントにう~~~っとりしながら見てました

あ~ このまま幸せな時間が永遠に続けばいいのに~~~~~


ですが、そんなお話は、残念ながら映画にはなりません(>_<)
当然のように、この二人にも試練の時がやってきます

実は過去で繋がっていた二人
彼ならばそうするよね・・・ と納得できるのですが、それでもやっぱり切ないです(;_;)

終盤は、切なさがこれでもか!これでもか! というほど押し寄せてきてウルウル

そして最高に焦らされました
そこにいるのに!!! あ~~~(ToT)


後半は本格的(!?)な格闘シーンや暴力シーンがあり、そこだけは苦手でしたが
設定が元ボクサーなのでこれも仕方のないことかな


ただ彼女の幸せだけを願うチョルミンの切ない愛に心震えます
誰かのために生きるって、改めて素敵なことですね!

社長のジソブもいいけど、切なすぎる彼もやっぱり捨てがたい!!!(^^;;)

お気に入り度 ★★★★ (最高5)


Categorie韓国映画  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’08.11・Fri

応答せよ1988 8話まで

2017081101
2015年の作品 全42話 パク・ボゴム、ヘリ出演

このドラマ、やっぱり面白いです!!!
毎日、このドラマの再生ボタンを押す時がホントに幸せ(*^^*)

現在8話まで見ましたが、『温かさ』というポイントでは
前作や前々作を既に超えているような気がします


子供5人が仲良しなのはもちろんですが
親同士が仲良しなのも、見ていてすごくすごく気持ちがいいです!
特にお母さん3人の仲の良い姿には最高に癒されています

家庭環境や経済的なものもまったく違うし、子供たちの成績などもいろいろと違います
いろいろ違っても、上下関係などなく普通に仲良くしている姿が
私はとっても好きです!

もちろん羨ましく思う気持ちはあるのですが、そこに妬みなどはなく
また持ってるほうも、むやみに見せびらかしたりしない

ただ、どうしても困った時は、持てる者がそっと手助けする
ここまでで私が1番好きだったのはそんなシーン

娘の修学旅行があるため、家計が苦しくなったドクソン母
ジョンファン母のところへお金を仮りに行くも、結局は言い出せずに帰ってくるのですが
その時のジョンファン母の行動がとても素敵でした❤

ドクソン母の気持ちを察した彼女は
「お金を貸して」という言葉をあえて言わせないように配慮したんでしょうね
そして、相手が気づかないうちにそっと忍ばせておく
はぁ~ なんて素敵なんでしょう!!!
ここは間違いなく、お気に入りシーンの1つです


自分の化粧品も買えずに節約しているドクソン母のことを考えると
何でもかんでも買ってきてしまうドクソン父を見て、あちゃー と思うのですが
でも、自分も苦しい状況にありながらも、他人のもっと苦しそうな姿を見るとほっとけない
そんなドクソン父が、やっぱり いいな~ と思ってしまいます

他にもジーンとするシーンは次から次へと登場します
ジョンファン父の偽物ジャンパーのくだりも良かったし
いろいろあって相合傘した翌日(?)、ドクソン父の好物を山盛り用紙してるドクソン母も良かった!

笑えるシーンが無数に用意されているのも有難い
1番笑えるのがヒロインの表情と言動! こんなヒロイン像も珍しい(^^)
笑えるシーンで今パッと思い出すのは
ソヌ妹が持ってるソーセージを思い切りガブリのシーンかしら(≧▽≦)


ヒロイン ドクソンの初恋も始まりましたね!
私も高校生だったら、たしかに彼に惹かれてしまうかも~ と思いながら見ています(^^)
それにしても、愛しの彼を前にすると思わず気合いの入る彼女が可笑しいです(あの化粧~^^)

が、今の私は、やっぱりパク・ボゴムくん~~~

って、なる予定だったのですが

なんとなんと、今、最も気になるのは
リュ・ジュンヨルくん演じるジョンファン!
もう、彼が可愛すぎる~~~\(^o^)/

修学旅行先の狭い路地で思いがけなく密着することになりドキドキする彼も可愛かったし
満員のバスの中、血管を浮き上がらせながら必死に彼女を守る彼も可愛かった~~~
あ~ このまま私は彼の切ない男心に萌え続けるのかしら~
それともやっぱり、当初の予定通りパク・ボゴムくん!ってなるのかしら!?

ま、ここまでは、パク・ボゴムくん演じるテクに動きがなさ過ぎたんですよね
表情もほとんど変わらないので、え~~~ こんなキャラなの??? と驚きましたが
7話で、ついにテクが大きな声を出した~~~\(^o^)/ 笑った~~~\(^o^)/

このくだりが、またすごく良かったです!

テクが将棋の試合で大負けしてしまう
大人たちは傷つけないようにとその話題には触れないように気を遣うのですが
子供たちは「ボロ負けしたんだって?」と傷口に塩を塗りまくる!?(^^;)
でも、これが彼を救うんですよね~
たくさんの時間を共に過ごした仲間だからできることだな~ 友達っていいな♪
すごく心に残るいいシーンでした(^^)

さぁこれで、テクの無表情も終わって、いろんな表情を見せてくれるかしら???
そうなったら今度は私、テク可愛い~~~ って思うのかしら(^^;)

どうも今は、ヒロインの動向以上に自分の気持ちの行く先が気になって仕方ありません(^^;;)

続きもとっても楽しみです!!!


Categorie応答せよ1988  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOPBack